記事一覧

ただ、君のため

Tsukihi Miy 2016_07_20 20_40_17
ミニオン―
ある人は自分のペットだと。ある人は自分のステータスだと。
ミニオンに求めるモノは違えど、FF14の世界においてとても重要な存在だと私は思っている。
数えた事なんて無いが、沢山の種類の中。どのミニオンを選ぶかは個人の自由。
可愛いから かっこいいから レアだから(※焼き加減ではない) 大切なあの人からの頂き物だから...実に様々である。
私もミニオンは連れて歩くタイプだ。理由は後述記載しよう。
では、一体どんなミニオンなのか?その答えが今回の記事の核であり全てである―
2016~2016  ツキヒ=ナンデヤネン
                                    ・
                                    ・
........はい。(笑) あの言い回しにそろそろ飽きたので普通に書きます。
まぁ簡単に言えば、自分の愛してやまないミニオンを紹介するってだけでブログ書いてるわけですね。
早速ですが、「彼」を紹介します。
Tsukihi Miy 2016_07_23 21_43_37
Tsukihi Miy 2016_07_23 16_57_42
ゲソです。
ある日、マケボのミニオンコーナーを眺めていたんです。各々特徴があるラインナップの中にひと際異彩を放っているモノを見つけてしまったんです。
一番初めに思ったことは、
「うわなんだこれ欲しい」 でした。
そう一目惚れ。よもや恋ですね。
男性が頑張ってる姿にときめく女性の様、いつもは不愛想なあの子がたまに見せる笑顔にときめく男性の様、
それと同じく私はただならぬ存在感を放つ軟体動物に全て持って行かれてしまったわけです。
が、しかし。始めたばかりの若葉ボーイにゲソを買うお金も無く、ドロップするIDにも行けるはずもなく.....
ゲソと寄り添えあえないFFなんて...辞めてやらぁ... なんて思っていたら
FCの皆様がゲソを取って来てくれたんです。ゲソ、頂いちゃったんです。
頂き物のゲソ。頂きゲソ
嬉しくて、嬉しくて。走り回ったのを覚えています。あの時は本当にありがとうございました。拝む時間増やします。
それからほぼ毎日、ゲソを連れ歩いてるんですが よく皆様にこう聞かれます。
「どうしてゲソなの?なぜ?」 と。
僕からしてみれば 「どうしてゲソではないの?」 と思うばかりですが、致し方ない。
そんな迷える子ゲソちゃん達に 魅力をお話致しましょう。
魅力その1 姿、名前
Tsukihi Miy 2016_06_13 23_08_56
やはり一番の魅力はこのフォルムでしょう。迷う事無きゲソ。どこからどう見ても、100人中100人が口を揃えてゲソだと答えるありのままの姿。
己を偽らない、偽りたくないという気持ちが伝わってきますね。
そして名前。 This is GESO.
Is the only only that,it is all
(たったそれだけであり、それが全て)
ミニオンって名前だけ聞くとなにかわからない物が多いじゃないですか。それに比べてどうでしょう。
たった二文字で全てを黙らせる。 調味料なんて使ってません。素材本来の味だけで勝負してる老舗日本料理店を彷彿とさせるネームセンス。まさにプロ。プロフェッショナル。
魅力その2 連れているだけで良い事が起きる
以前、FCの方のフレンドの方に
「つきひさんっていつもゲソと一緒ですね」 と言われたことがあるんです。
今ではその方ともフレンドになって頂き、お会いするた度につついてくれます。初心者にとってフレンドが出来ると言うのは本当に嬉しい事なのです。
この出会いの立役者はやはりゲソでしょう。
ミニオンを連れて歩いている、というだけなのに ゲソから放たれる隠しても隠せきれない大物オーラのお陰で名前を憶えて貰いやすくなるんですよね。
あ、あの人今日もゲソと一緒だ。
こんな風になる訳です。 あ、違うな正確には
あ、あのゲソ今日も冒険者と一緒だ。
こんな風になる訳です。
しかしながら、僕も光の加護を受けた冒険者。いつかはゲソの協力なしでもフレンドを増やしたいものです。
......どうでしょうか。書いてるうちにクッソ長くなってしまいましたがw
ここまで読んでくださった方なら今頃マケボの前でゲソを探しているころだと思います。
今現在、ゲソは結構なお値段ですが、それだけの価値はあります。
最後に、向かう所敵なしに思えるゲソの弱点だけお話しして終わりたいと思います。
ハマらない人にはとことんハマりません。こればっかりは無理です。今すぐ可愛いミニオンに変えてください。自分の首を絞めることになります。やめてください。
それでも....それでも私は....! と仰る真のゲソラーの方、無理には止めません。大歓迎です。しかし、
キモい、うねうねしてキモい、上の赤い所が絶妙にキモい、非常食、なんかヌメヌメしてキモい
と罵声を浴びせられることは覚悟しましょう。基本、気持ち悪い という意味の言葉しか投げられません。確かに近くで見ると気持ち悪いです。
余談ですが、ゲソが動く時、ドラえもんが走る時みたいな音がします
(どうにかして擬音で伝えたかったのですが、あの音は言葉では再現不可能だと判断しました)
人通りが多い場所に行っても、ゲソを連れている方はほとんど見ませんが、見かけた方は是非ゲソラ―同士仲良くしてくださいね!
Tsukihi Miy 2016_06_23 22_06_30
良きゲソライフを!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント